数々の温泉を楽しむ

なぜ根強い人気があるのか

国内旅行の中でも、温泉がある観光地の人気は根強いものがあります。日本人にとって、温泉につかりながらくつろぐという休暇のすごし方は、古くからの伝統として多くの人々に愛されてきました。温泉地には、旅館など様々な宿泊施設で温泉を楽しむことができるほか、日帰りの観光客をターゲットにした宿泊を必要としない温泉施設や、足湯のみを気軽に楽しむことができる施設もあり、様々なスタイルの旅行者に楽しんでもらうことができるようにどの観光地でも知恵を絞っています。さらに、多くの温泉地には各地の名産物を提供する料亭やレストランも多く、また様々なみやげ物もそろえてあり、また自然が美しく癒される場所が多いので、温泉を楽しむと同時に、ほかにも多様な楽しみ方ができるのも特徴のひとつです。

日本人にとってなじみが深い温泉地は、このように様々な趣向を凝らした施設を楽しむことができるために、多くの人々からの根強い人気があります。さらに、最近では海外からの旅行社からの人気も上昇しています。大浴場については、他人の前で全裸になるという習慣が無い国が多いことから、なかなか外国人旅行者には馴染みにくかった歴史がありますが、最近ではそれがむしろディープな日本体験だという感覚から、徐々に人気が上がりつつあります。また、旅館をはじめとしたさまざまな温泉の施設では個人や家族、グループだけで利用できるお風呂を設けているところも多く、そのようなところでは外国人でもあまり違和感が無く利用することができるようです。